配管腐食は段階的に症状が異なる~水道修理が必要になる段階~

配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意 配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意

配管腐食を見逃すな~水道修理のプロが教える配管交換の時期~

修理

水道水の色がいつもとは違うと少し違和感を感じるようなら、それは配管腐食が起こっている可能性があります。配管腐食は外からではあまり分からないため、どの時期に点検・交換を行うべきなのかをしっかりとチェックしておきましょう。

配管腐食のサイン

赤い水が出ている場合は配管腐食が進行しているかも(水道修理業者)

水道水は通常透明ですが、もしも蛇口から赤い水・サビの臭いがする水が出てきたら配管腐食が進行しているサインとなります。配管表面に付着したサビが水に溶けだし赤くなっているんですよ。なぜかというと、鉄製の配管を通る水道水は常に塩素に晒されていてカビやすくなっているからなんです。なので、赤い水やサビ水が出たら配管交換も考えましょう。

水道管の腐食進行度~レベルごとにチェック~

レベル1:点検が必要になるレベル
点検が必要となるのは、例えば水を飲んだら鉄の味がする、まずいと感じること、水がサビ臭い、白い服を選択したらなぜか赤・オレンジの色が付いたなどがあります。その他にも、シャワーの勢いが弱くなっている、トイレタンクに水が溜まるまで以前よりも時間が長くかかってしまう、水漏れが発生したなど、様々な症状があります。こういった場合は、水道修理業者に点検を依頼する必要があると言えます。
レベル2:水道修理が必要になるレベル
すぐに水道修理が必要となる症状は、水道メーターがなぜかとても早く回っている場合、そして水道料金が突然高くなることがあげられます。これらの症状が出ている場合、配管腐食によって漏水が起きてしまっている可能性があります。このような場合はなるべく早く水道修理業者に相談し、対応する必要があるかもしれません。いつもと少し違うと感じたら、まずは業者に相談してみましょう。

水道修理をせずに配管腐食を放置するとどうなる?

影響その1~赤サビは家族の健康を脅かす~
赤サビの主成分は鉄分で、鉄分自体は体内では作られないので食べ物からとっていかなくてはなりません。しかし、大量に摂取してしまうことで鉄過剰症を引き起こしてしまいます。鉄過剰症は肝臓に過剰な鉄が全て溜め込まれることで肝機能が低下します。そのため、最悪の場合肝硬変へと移行してしまうかもしれない病気なのです。さらに糖尿病を合併する恐れまであります。
影響その2~漏水トラブルの原因に繋がる~
赤錆の腐食が進んでしまうと、水道管の壁が薄くなってしまう可能性があります。また、赤錆の腐食が進行することで、水道管から漏水してしまいます。水道管の内側に赤錆が蓄積されることで、水の出が悪くなる場合もあるため早めに改善する必要があります。改善をしないで放置しておくと、大きな工事を行わないといけなくなるケースもあるので、注意しましょう。
影響その3~その他の機器の故障原因になる~
配管腐食では配管だけではなく、ボイラーや給湯器、トイレなどの機器の故障にも繋がる恐れがあります。これは赤サビが配管の中で詰まってしまい、お湯が出なくなってしまうことがあるためです。トイレにおいても水漏れ・トイレつまりの原因になることがあります。どちらもストレーナーなどに赤サビが詰まってしまいやすい場所なので気を付けましょう。
TOPボタン