配管腐食で必要になる水道修理の相場

配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意 配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意

配管腐食が起こっている場合の水道修理費用

配管腐食が起こっている事が分かっても、費用が高額になってしまったら…と気になり業者に依頼する事が出来ない人もいるのではないでしょうか?そんな気になる配管の交換費用の相場とその費用を抑える方法をご紹介します。

配管交換を依頼した際の費用相場

傷んでしまった水道管の取り換え工事は、地中などに埋まっている水道管を掘り起こして交換する方法と、新たな水道管を設置する方法の2種類があります。掘り起こすと言っても、建物などが邪魔をして掘り起こす事が難しい場合もあります。壁や床を取り壊して水道管を交換したりする為、多くの費用が掛かってしまいます。また、家を建て替える費用と同じような金額が掛かってしまう場合もあり得るのです。新しく水道管を設置する場合には50万円以上の費用が必要になる場合がありますが、掘り起こして交換するよりは抑える事が出来るでしょう。ですが、どちらも場合も費用や期間が掛かってしまう為、破損してしまう前のメンテナンスが重要となってくるでしょう。

配管交換費用を抑える方法

配管腐食が原因で水漏れが発生しています。水道修理費用を抑える方法ってありませんか?
水道管の取り換え工事は、床下から掘り起こしたり、壁を取り壊して取り出したりと、大がかりな水道修理を行う事があります。その分工事期間も長くなりますし、費用がかさんで業者に依頼をする事を躊躇してしまう人も少なくありません。ですが、小規模な工事で済む場合もあるのです。配管が腐食した事が原因で水道管の修理を依頼する場合、配管を取り換えて工事をするよりも配管補強工事を行えば費用を抑える事が出来るのです。保温加工などの補強や処置をする事で、取り換え工事を行った時と同様に、また使う事が出来るのです。ですが、配管が古すぎる場合はこの方法が使えない場合もあります。日頃から点検をして定期的にメンテナンスをしておくと、高額な費用を払わずに済む事が出来るでしょう。

TOPボタン