配管腐食は水道修理工事を任せられる業者へ依頼しよう

配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意 配管腐食が様々なトラブルを生む!早めにやっておきたい水道修理の極意

配管腐食に対する対応

水道管の配管腐食は、腐食している場所や腐食度合いによって対応も変わってくるでしょう。また、工事方式も昔と今と比べると随分変わってきているようです。実際どのようなやり方で修理作業が行われていくのかを説明していきます。

配管腐食工事の方法は進化している

従来の対策方法は大掛かり
水道管の取替えは、地面に埋まっている水道管を掘り起こす作業が必要になります。しかし、もしも水道管が建物の下に通っている場合は、建物が邪魔で掘り起こすことができません。従って、壁や建物の一部を取り壊して水道管を取替えなければいけないので簡単な工事とはいえないでしょう。天井裏なども同じことがいえます。このような大掛かりな工事が必要になるため、傷んだ水道管をそのままにしておき、新しい水道管を設置する方法もあります。住宅の建て替えに比べれば費用は安く済みますが、新しく設置する施工方法は、水道管を建物内部や壁内部に埋め込むことはできません。
最近の配管修理は壁を壊さないで済む
最近の水道修理は、建物を取り壊さずに腐食配管を新しいものに取替えることができます。これまでの先分岐配管方式は、屋内にある各水栓付近でメイン管を分岐させる方法です。樹脂管や硬質塩化ビニール管はこの方式で施工されるのですが、配管交換時には壁や床を壊して古い水道管と交換するため、管が通っている場所を全て交換する必要があります。その分時間や費用もかかり工事範囲が広くなってしまいます。しかし新しい工法であるサヤ管ヘッダー工法は、保護管になっているサヤ管内部に、給水・給湯管となる樹脂管を通していくやり方です。壁や天井などを壊さずに、配管の取替えることができ、水漏れの心配もありません。

住宅の状況によって対応策は異なる

このように、水道修理や配管取替えは住宅の構造や腐食の度合いによって作業方法も変わってきます。心配であれば水道修理業者に相談し、実際に現場を見てもらってもいいかもしれません。専門業者であれば、住宅にあった最もよい対応策を考えてくれるでしょう。

TOPボタン